科学的にも証明されたにんにく成分と栄養素が疲労回復、アンチエイジング効果を高めます。

にんにくレシピの続きはこちら

にんにくレシピ2


にんにく化粧水で美肌つくり

材料:
にんにく3片
レモン輪切りスライス1枚
純米酒 180ml

にんにくは皮をむき、根と先端をほんの少し切ります。 レモンは5㎜ほどの厚さに輪切りします。 煮沸消毒したビンなどににんにくとレモンを入れ、お酒を入れて冷暗所で保管します。

1か月後、レモンを取り出し、さらに1か月後、にんにくを取り出しで出来上がり。

顔を洗った後、普段のお手入れとして使いますが、やはりちょっとにんにくの臭いがします。

お風呂に入って、にんにく化粧水をつけて、化粧水パックし、そのあと水洗いをしても、お肌がツルツルとなります。 ニキビやシミ、しわ改善ににんにく化粧水をお試しあれ。

にんにくの殺菌作用、抗酸化作用は肌トラブルの改善をサポートしてくれます。 にんにくとお酒の特有成分が肌に浸透して皮膚の代謝を活発にするため、老廃物の排出を促し、ニキビやシミ、しわも改善してくれます。
特に乾燥してお肌が荒れている時にお試しください。


強壮薬の定番、にんにく酒

にんにく酒

材料:
にんにく1片
純米酒 180ml

にんにくは皮をむき、丸ごと、スライス、あるいは、すりおろしてもよいでしょう。
容器ににんにくと酒を入れて、2か月冷暗所で管理します。

飲みすぎには十分気を付けましょう。


風邪をひいてしまったら、にんにく梅干し茶で発汗療法

風邪の予防には、粘膜を強くする食べ物を食べたり、にんにく味噌をたべたり、にんにくサプリ、にんにく卵黄などを摂取して、日ごろから免疫力を高めて、乾燥に注意することが大切です。

すでに風邪をひいてしまったら、発汗療法しましょう。 発汗するだけでなく、のどと腸内を殺菌するネギとにんにく入り梅干し茶を作ってみましょう。

材料:
にんにく1片
ネギ 10㎝ほど
梅干し1個
番茶

にんにく1片をおろし金ですりおろし、ネギはできるだけ細かく刻み、梅干しは半分に割って種を取り出します。 先にお湯で温めた茶碗かカップにそれらを入れて、上からコク煮だした番茶を注ぎ、蓋をして2~3分ほどしてから飲みます。

にんにくにはのどと腸内を消毒する力があり、殺菌作用も高く、体を温め血流よくするため、免疫力を高めて自然治癒力で早く治しましょう。
にんにく梅干し茶を飲んだあと、たくさん着込んでいると発汗して解熱しますから、肌着は取り替えましょう。


黒酢にんにくのつくり方



材料:
にんにく 1玉
黒酢200ml



密閉容器、あるいは、ビンなどに、にんにく1玉を薄皮をむいて入れます。
その上から黒酢200mlを注ぎ入れます。

直射日光の当たらない場所で2週間くらい置くと
特有の臭みもかなり減ります。



夕食時に、黒酢で漬けこんだにんにくを1~2片ずつ食べてもいいし、
黒酢にんにくをみじん切りにしてドレッシング、魚料理、肉料理に
加えたり、あらゆる料理で利用できます。

味もよくなり、栄養価も高いにんにくと黒酢を
毎日の食事に大いにとりいれるといいですね。

取り出したにんにくをさらに黒酢と醤油、砂糖を加えて、煮てもいいです。

にんにくを漬けた黒酢は、20mlを5倍に薄めて飲んでください。




powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional