科学的にも証明されたにんにく成分と栄養素が疲労回復、アンチエイジング効果を高めます。

にんにく卵黄とは

にんにく卵黄

不眠症LP



卵黄油とは



卵黄油は、動脈硬化・心筋梗塞の改善、アルツハイマー病の予防として民間療法のバイブル的な食材として伝承されてきました。

卵黄油は鶏卵さえあればいつでもすぐに作れます。 卵黄油は、鶏卵の黄身を約2時間ほど、じっくりじっくりとろ火で煎ると最後に残る、ごくわずかな少量の油です。

民間療法としての歴史はたいへん古く、その発祥は奈良時代とも伝えられており、古くから卵油とも呼ばれて家庭療法として用いられ、大正14年「家庭における實際的看護の秘訣」が発刊され、心臓病、若白髪などの改善された実例、血行の改善、肩こり、腰痛の緩和、疲労回復、活力増強など多数の用例が紹介されました。



卵油の効用として

  • 筋肉に良い栄養源となる
  • 筋力だけでできている心臓の働きに良い
  • 血のめぐりをよくしてハゲや白髪を防ぐ力がある
  • 血行不良が原因となる肩こり、筋肉の改善に役立つ
  • 外用すれば、痔にも有効である
  • 女性が最も気にする自然の美肌作りにも役立つ

など、

主に血液の循環を良くする働きがあげられています。


とても簡単で手軽にできる卵黄油の作り方レシピ



できるだけ新鮮な地鶏の卵を入手して、卵黄油をつくってみてはいかがでしょうか。

用意するもの

  • 新鮮な鶏卵の黄身10~20個
  • フライパン
  • 柄の長い木しゃもじ

作り方手順

黄身をフライパンに入れて、とろ火にかけます。
煎り卵をつくる要領でよくかき混ぜ、黄身がボロボロになってきたら、木しゃもじで押しつぶしながら、平均に焼けるようにかき回します。
さらにかき混ぜると、全体がきつね色から、やがて濃い茶色に代わり、すごい異臭が出てきます。
黒くボロボロになった黄身を押しつぶすようにすると、徐々にベトベトになってきて、黒い液体がにじみ出てきます。
十分に油が出たところで火を止めて、焦げないうちに黒い液体(卵黄油)を容器に保存します。


卵黄のレシチンが血液をサラサラにする



卵黄油には細胞膜の構成成分であるリン脂質が約30%も含まれています。 このリン脂質の中にはレシチンが含まれており、レシチンには血液中のコレステロールを乳化させる働きがあり、コレステロールなどが血管壁に付着して、血栓を形成するのを防ぐ効果があります。

レシチンにはさらに、血中の中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールを減少させ、善玉(HDL)コレステロールを増加させる働きがあります。
その結果、過酸化脂質の増加による血栓の付着を防止して、血管の内腔を広くすることから、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの循環器疾患を予防します。



血中の資質が減少することで、血液サラサラになり、全身の血行もよくなるので、冷え性やのぼせなど、更年期の不快症状、低血圧、肩こりなどにも大きな効果が期待されます。
また、レシチンには筋肉を強化する効果があり、特に心筋(心臓を動かす筋肉)を強化して心臓の機能を高める作用があり、動悸・息切れや心筋梗塞の予防に効果を発揮します。


レシチンを構成するコリンとDHA



レシチンを構成するコリンは、脳の中に届いて脳の伝達物質であるアセチルコリンに変化し、神経細胞間で生化学的な情報をやり取りする重要な媒体となります。 近年の分析研究によれば、卵黄油にDHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれることが判明しました。

アセチルコリンもDHAも、ともにアルツハイマー病への薬理効果が研究されており、卵黄油に含まれるコリンやDHAをとることは、痴ほう症の予防にも有効であると考えられます。 出典資料:サプリメント大辞典 健康科学研究所所長・薬学博士 久郷晴彦


にんにくの成分と卵黄の滋養

ニンニクについても卵黄についても、人体に有効に作用する物質が豊富に含まれていることは間違いありませんが、では、なぜニンニクと卵黄を一緒に加熱して摂取することで効果が増すのか、なぜバランスよく作用するのかは、実はすべて分かったとはいえないのです。

もっとも大きな要因は、にんにくの揮発性有機イオウ化合物「アリシン」が、本来、卵黄の嫌われモノだった中性脂肪と結合することで、ビタミンE様物質(ビタミンEと同じ働きをする物質)「脂質アリシン」に変化し、逆に体に良い働きをすること、さらにそれが低温加熱されることによって「スルフィド類」という抗酸化物質に変化すること、さらに強力な抗酸化力をもつ「アホエン」に変化していくこと、これらが関係しています。



これらの物質は、単に卵とにんにくを食事で食べただけでは、なかなか得にくい成分です。 同時にニンニクの薬効作用と成分研究も、今でも研究途上で、 よく分からない部分が多いようです。

1990年に米国国立ガン研究所によって「デザイナーフード計画」という計画がスタートしました。 これは、ガンを食事により予 防できるのではとの仮説をたて、膨大な量の疫学調査のデータを集め、予防に効果のある食品および食品成分約40種類をピックアップし、その重要度に合わせて、ピラミッド型の図を作ったものです。 その食品のピラミッドの頂点に位置するのが、ニンニクです。



ニンニクの抗癌作用の有用成分はアイリン、アリシンを始めとしたニンニク特有のイオウ化合物だということが特定されています。 また、多くの研究者がにんにくの有用成分に関しての研究をしており、今後も有益な成果が出てくるものと思われます。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional