科学的にも証明されたにんにく成分と栄養素が疲労回復、アンチエイジング効果を高めます。

健康・予防

健康・予防


消毒



にんにくは傷がつくと強烈なにおいを発するアリシンという物質が発生しますが、アリシンには抗菌作用があり、適当な消毒薬が無い時には、にんにくで代用することができます。

アロマテラピーにおいても吹き出物やニキビ、白癬などの各種皮膚障害に処方されますし、ウオノメとイボにもよく反応し、改善します。



食中毒・大腸菌O-157の予防



古代エジプト人は、にんにくのもつ強力な殺菌・抗菌作用は、コレラやペスト、チフスなど疫病に対して利用していたようです。

近年では、大腸菌0-157や、食中毒から体を守ってくれる食材としてさらに注目を集めています。 にんにくをスライスしてオリーブ油などに浸すと、アリシンから数個がからみ合った状態のアホエンが発生します。 アホエンには、アリシンと同等の殺菌力があり、O-157(病原性大腸菌)などの食中毒菌にも有効と考えられています。



1858年にルイ・パスツールがにんにくの鱗茎の抗菌作用確認してから、2001年に発表された研究では、にんにくの主な有効成分アリシンが致死的な院内感染症に有用であることを示唆しました。
たった32ppmのアリシンを含有する局所用クリームが30個の異なるサンプルでMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の発育を阻害し、256ppmのアリシン濃度が殺菌に十分であることを見出したようです。 (Adv Ther.2001;18:189-193)革命アンチエイジング出典

お刺身を食べる時など、にんにくをすりつぶしてほんの少ししょうゆやタレに混ぜると、食中毒の防止になり、味わいも高まり、おいしくなります。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional