科学的にも証明されたにんにく成分と栄養素が疲労回復、アンチエイジング効果を高めます。

成分と栄養素

成分と栄養素


にんにくは古来より人々に利用されてきた香味野菜ですが、今なお研究者を虜にするほど魅力ある植物のようです。

生のにんにくは、ビタミン、カリウム、食物繊維などの成分のほかに、特徴的な非栄養性機能物質と呼ばれる成分を含んでいます。

傷ついていない生のにんにくは、ほとんどにんにく特有の臭いがしませんが、切ったり潰したりすると臭いを発します。
また、にんにくにはさまざまな薬用効果がありますが、加工処理法により化学的成分変化が起こるなどの報告があります。
これらには全てにんにくの特徴的な非栄養性機能物質が関っています。




五訂日本食品標準成分表より引用(可食部100g当り)

成分
水分(g)65.1
たんぱく質(g)6.0
脂質(g)1.3
炭水化物(g)26.3
灰分(g)1.3
ナトリウム(㎎)9
カリウム(㎎)530
B1(㎎)0.19
B6(㎎)1.5
C(㎎)10
水溶性食物繊維(g)3.7
不溶性食物繊維(g)2.0



にんにくのすごい魅力は、生のにんにくに含まれる限られた数のイオウを含む非栄養性機能物質が、処理により多種多様な化合物に劇的に変換し、さまざまな生物活性を示すことにあり、まだ研究の余地がありそうです。



アリイン



アリインは、生にんにくに含まれる非タンパク性の含硫アミノ酸です。

にんにくを切ったり、すりおろしたりするとにんにくの細胞が壊れ、アミノ酸の一種であるアリインと分解酵素アリイナーゼが接触し、その作用によりアリインは硫黄化合物であるアリシンに変化します。
あのにんにく独特のにおいの元となります。

肝臓での脂肪代謝を高め、脂肪燃焼をアップする効果があり、糖質代謝に必要なビタミンB1の吸収を促進する作用や、強壮作用、食欲増進、抗酸化作用、殺菌などの作用があります。

アリシン



アリシンは、生にんにくを切ったり、すりおろしたりすると発生する独特なにおいの硫黄化合物です。強力な抗菌・抗カビ作用があり、揮発性成分なのですぐに消えてしまいます。

また、条件によっては、アリルスルフィド類、メリルアリルスルフィド類、アホエンなどに変化します。

アリシンには、発ガンを抑制する強力な抗酸化作用があります。 また、アリシンは食用油などに溶けると、アホエンというイオウ化合物に変化します。

このアホエンには抗ガン作用の他に、血栓を予防・改善する作用が報告されています。いずれも強い抗酸化作用によるものです。


アリシンには、風邪や気管支炎の原因になる連鎖球菌やブドウ状球菌などを殺す強い殺菌・抗菌力があり、胃潰瘍を引き起こすピロリ菌やO-157菌にも有効とされる報告もあり、病気への抵抗力を高めるなどの働きをしています。


このニオイが強壮と関係があるように考えられてきましたが、強壮の正体はニンニクに含まれるスコルジニンだそうです。


アリチアミン



にんにくの有効成分「アリシン」とビタミンB1が結びついて形成される物質です。
エネルギーを発生させる過程に欠かせない栄養素であるビタミンB1は、水溶性で熱に弱い性質があり、食品中に含まれる総量のうち半分から三分の一は失われるといわれます。
ビタミンB1とアリシンが結合するとアリチアミンとなり、損失が少なくなり吸収されやすくなります。

ちなみに、市販の「アリナミン」は、このアリチアミンを製品化したものだそうです。

ビタミンB1は、糖をエネルギーに変換するのに不可欠な栄養素で、B1が不足するとエネルギーへの変換が不完全になり、乳酸が増えます。


しかし、ビタミンB1は必要量以上は吸収されず、蓄積されない分は尿として排出されてしまいます。
結合したアリチアミンだと小腸で吸収され、肝臓に蓄えられ、蓄えられたビタミンB1が糖をエネルギーに変えてスタミナが出るのだそうです。

アリチアミンだと、ビタミンB1よりも消化管で分解されにくく、体内によく吸収され、しかも血中に長く留まっている性質があるため、ビタミンB1単体で摂取するよりも格段に高い効果となるようです。

また、ニンニクに含まれるスコルジニンにも同じような効果があり、末梢血管を拡張し血行を良くするため体があたたまり、さらに、精神の安定をはかります。
ニンニクとビタミンB1の相乗効果は、強力な活力の元となります。


アリイナーゼ



アリイナーゼは、生にんにくに含まれる酵素で、にんにくの細胞の中に存在し、草食動物から身を守るための効果をもつとされています。

にんにくに包丁を入れたり、すったりした時に細胞が破壊されると、貯蔵細胞からでてきて周囲にあるアリインに作用し、刺激性の高い生成物(アリシン)の合成を行います。

メチルアリルトリスルフィド



メチルアリルトリスルフィドは、にんにくのスルフィド類のひとつで、血小板の固まりを抑える作用があり、血小板血栓を起因として発生する症状である脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化を予防する効果が期待されます。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional