科学的にも証明されたにんにく成分と栄養素が疲労回復、アンチエイジング効果を高めます。

生活習慣病の主な原因

生活習慣病の主な原因


生活習慣病は、その名の通り、日ごろの日常生活で習慣的に行っている行動の積み重ねが大きな原因となっています。

そのため、具体的な症状が現れるのは40代以降の中高年期が大半を占めていましたが、近年は食の欧米化やストレス社会の影響により、若年層でも生活習慣病にかかるケースが増えてきたために、「成人病」から「生活習慣病」と名称を改めた経緯があります。



生活習慣病の原因は日常生活のいたるところにひそんでいるため、
発症の予防には生活習慣の根本的な見直しが必要となります。

ここでは生活習慣病の主な原因を紹介します。


生活習慣病の主な6つの原因

不規則な生活

現代多くの人が仕事中心の生活を送っており、食事をきちんと食べなかったり、夜更かしするなど、不規則な生活習慣を送っている方が増えています。

睡眠不足は疲労の蓄積を招くほか、朝食抜きや夜遅くの食事は肥満の大きな原因となり、生活習慣病になるリスクを高めています。


食生活の乱れ

日本人はもともと日本の伝統食・発酵食品を含む魚や野菜をたくさん摂る和食中心の生活を送ってきました。

しかし、近年は食の欧米化により、肉の摂取量が大幅に増えた一方、魚や野菜の摂取量が年々減少しています。 ファーストフードや高カロリーの食事は肥満や脂質異常症の原因となり、最悪の場合、動脈硬化をおこして脳卒中や心臓病を発症するおそれがあります。


ストレスと疲労

現代のような先のみえない不安・不況の時代は、年齢や性別に関係なく、日頃から過剰なストレスを感じ、疲労が蓄積される人が増えています。

過剰なストレスによる疲労は、血圧や血糖値の上昇を招くおそれがあり、高血圧や糖尿病になるリスクも高くなります。 また、ストレスや疲労が蓄積すると免疫力が低下するため、感染症やがん発症のおおきな原因となります。


飲酒・喫煙

嗜好品として親しまれているたばことお酒は、過度に摂取すると生活習慣病を招くおそれがあります。

特にたばこについては他の生活習慣に比べて死亡リスクが高く、諸外国でも生活習慣病の対策として禁煙がすすめられています。

一方、お酒に関しては、少々たしなむ程度であれば血行改善やストレス解消に有効ですが、過剰摂取は糖尿病や脂質異常症、肝臓病、高血圧、消化器系のがんなどの原因となる可能性があるため、注意が必要です。


運動不足

近年は交通の便も発達し、車社会の便利な世の中になりましたが、その反面、歩くこともなく、現代人の運動不足という深刻な問題が発生しています。

運動不足になると、肥満や高コレステロールの原因となり、糖尿病や動脈硬化を引きおこしやすくなります。 また、運動不足はストレス増幅の要因でもあり、悪循環になる可能性も指摘されています。


遺伝

生活習慣病の一部は遺伝的な要素も含んでおり、直系に糖尿病や高血圧、がんなどの疾患を抱えた人がいる場合、同様の生活習慣病にかかりやすいと言われています。

研究によれば、生活習慣病の原因となる遺伝子の存在が解明されつつありますが、生活習慣病の主原因はあくまで日常的な行動・嗜好が大半を占めているため、たとえ生活習慣病になりやすい体質であっても、生活を見直すことで発症を予防することが可能です。


睡眠不足はなぜ身体に悪いのか   

健康には、規則正しい生活が大切ということは、よく耳にすると思いますが、何がどういう状態になっていることなんでしょうか。 一般に思い浮かべられるのは、日常の生活リズムが一定しているということです。 

日常の中で、睡眠、食事、主たる活動(通勤、就業、家事)、運動などでしょうか。 これらを規則正しく一定のリズムで繰り返すということは、現代社会においてはかなり難しいことです。



これらの中の睡眠に関しては、

  • 脳が睡眠でしか疲労解消できない
  • 体の補修に働く成長ホルモンも睡眠中にしか分泌されない

ことがらから、睡眠が健康に直結していることは間違いありません。


不規則な生活が寝不足を招く

現代社会は、やらなければならないこと、あるいは、やりたいことなどが多すぎて、1日24時間は万人にとっての共通の賜物ではありますが、時間が足りないと感じている人も多いことでしょう。 あれもやらなければ、これもやらなかれば、あれもこれもやりたい、と欲張れば、そのしわ寄せは睡眠時間に及ぶことは確かです。



平日睡眠時間をギリギリまで削り、休日多めに寝て帳尻を合わせるという人も多いかもしれません。 もし、週単位で睡眠時間の帳尻が合わせきれなかった場合、脳の疲労や体の歪みがどんどん蓄積されてしまいますし、体を補修する成長ホルモンのバランスも崩れてしまいます。 

それでは、睡眠時間さえ確保していれば、寝る時間や起きる時間が不規則でも構わないのではないかと思うのではないでしょうか。

残念ながらそうではないのです。

私たちの体には1日単位で動く時計のようなものが備わっており、これは植物・動物を問わずほぼすべての生物に、時を刻む「時計遺伝子」なるものが備わっており、哺乳類でも20種類ほど発見されているそうです。


体内時計とストレス

私たちの体では、遺伝子発現、自律神経の興奮、ホルモン分泌という体の状態を制御する3系統すべてが、ほぼ1日周期で、波のようにリズムを繰り返しているのです。 この波を制御しているのが「体内時計」で、ほとんどすべての細胞に時計があり、親時計なるものは脳の視床下部にあります。

遺伝子、自律神経、ホルモン分泌の観点から見ても、私たちの体には、1日の中で波のように変動し、時間帯によってその状態が異なるということです。 これは、何かをする場合に楽にこなせる時間帯と、そうではなく骨が折れる時間帯があるということになります。

体内時計は、外界の影響によって日々ズレが生じていくのですが、環境の変化に速やかに適応できるよう、体内時計も調節可能となっているのです。 毎日同じような時間帯に同じようなことを繰り返していると、体のほうでも適応し、そうした行為を楽にこなせるような状態になってくれます。 そうした単調な生活を脳が快く感じているかどうかは人それぞれ感じ方は違うかもしれません。



一方、日によって行為の時間帯や行動そのものが変わると、体が適応しきれない場合があり、何かと骨が折れ、ストレスにさらされたのと同じ状態となり、時には、体内時計が乱れすぎることもあります。 体内時計は、太陽が出て明るくなれば活動し、太陽が沈んで暗くなれば休息するというサイクルに適応ししています。

現代人は夜間にも活発に動いたり、起きていたりする生活そのものが、体内時計の観点から言っても、ストレスを蓄積しているようなものなのです。 体内時計が狂うと、睡眠障害や自律神経失調や内分泌系の疾患、そして、精神疾患などが現れやすくもなってしまいます。


体内時計に合わせて生活するほうが楽

1日は24時間であるのに対して、体内時計はおおむね25時間周期で動いていることが知られています。 季節ごとに日照時間が変化する自然環境に適応するには、24時間きっちり刻むよりは、少し長めのほうを毎日をリセットしていくほうが都合がいいと考えられているようです。

暗い所にいた後で目に強い光を浴びるとリセットされ、ほぼ24時間周期になります。そうでなければ、1日に1時間ずつズレていってしまいます。
夜は暗くして眠り、朝起きて太陽の光を浴びることがちょうどよく時間をリセットしてくれるということです。

夜に強い光を浴びるとか、夜中にパソコンをやりすぎるのも考えものです。また、食事の摂取も体内時計に影響を与えます。



睡眠は、体内時計と疲労物質蓄積量の二つの要素で制御されています。

主に体内時計に睡眠が制御されることになり、起床から15時間後に眠気がやってきます。 その眠気がくる2~3時間前は逆に目がさえて眠れない時間帯となります。 休日だからといって昼ころまで寝ていると、その夜はなかなか寝付かれないということにもなり、次の週のスタートから睡眠不足に陥ることにもなりかねません。 睡眠の質が悪くなると、睡眠障害となってしまう場合があります。



不規則な生活において睡眠の質がいかに大切ということがお分かりいただけましたでしょうか。

まずは毎日きちんと一定の睡眠時間を確保しましょう。

睡眠時間を削って目先の仕事や何かをしたとしても、体を壊しては何にもなりません。 ぐっすり眠ったほうが頭もスッキリして効率よく活動できることでしょう。 分かっているけどそうできない、眠れないという場合は、まず無理をしてでも眠りたい時刻の15時間前に起床し、日の光を浴びて、軽く運動をするなどして、眠りやすい状態に持っていきましょう。



その日の疲れはその日のうちに解消するように努めることが大切ですが、長年の寝不足による疲労回復・体力増強には、エネルギーを発生させるビタミンB1が欠かせません。 にんにくの疲労回復・強壮作用は古くから知られています。 詳細は、にんにくの成分と効能を参考にしてください。




powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional