科学的にも証明されたにんにく成分と栄養素が疲労回復、アンチエイジング効果を高めます。

疲れが取れない原因

疲れが取れない原因



いろいろな疲れ



疲れとは、いわば、無理がかかった体が発するシグナルみたいなもので、
体のいろいろなところに症状となってあらわれます。

あなたは、このような疲れはありませんか?

  • 朝起きるのがつらい
  • 肌があれて化粧ののりが悪い
  • 肌がくすみ、シミ、しわがふえた
  • 肩が凝りすぎて重い
  • 目が疲れるし、頭がボ~ッとする
  • 脚が疲れるし、腰が痛い
  • 集中力もなく、考えがまとまらない
  • いつも眠くて眠くてしょうがない
  • 何を食べてもおいしくないし、食欲がない
  • 気力もなく、何もやる気がしない



疲労の原因には、肉体的なものと精神的なものがあり体のいろいろなところに症状となってあらわれます。 そして、どちらも体に何らかの症状があらわれてきます。 あなたの体に無理がきていることを知らせるシグナルかもしれません。



精神的な疲労の場合は、ストレスの原因になっているものを解決することが一番望ましいですが、なかなか解決できないのが現実です。 このような場合は、症状を少しでも緩和させて、慢性化しないようにすることが重要です。

それぞれの疲れの原因をもう少し詳しく見てみましょう。



疲れは、痛み、発熱と合わせて「三大生体アラーム」といわれるように、
体が発するシグナルのようなもので、身体的、精神的に限度を超える大きな負荷がかかると、だるさややる気の欠如など、心や体にさまざまな疲れの症状があらわれます。


女性が疲れを感じやすい、さまざまな原因



女性が疲れを感じやすい大きな原因として、冷えや貧血、ダイエット、更年期障害などがあげられます。 実は、その他にも疲れを引き起こす、女性特有のものがあるのです。

それは大きなアクセサリーとハイヒール、バックなどです。 大きいアクセサリーやバックなどはあんがい重く、肩に負担をかけてしまいます。 ヒールの高いハイヒールは不安定なため、歩くときに体全体のバランスが悪くなりますし、大きなバッグを肩にかけたりしても負荷がかかりすぎます。

どちらもそれほどの負荷ではありませんが、毎日続くと慢性的な疲れの原因になってしまいます。


疲れがとれない原因


病気の前兆としての疲労感

内科的な病気がひそんでいるかもしれないけど、いろいろ検査をしても症状を説明するだけの異常が見られない場合の不定愁訴としての疲労感があります。 あまりにもひどい疲労感を覚える場合は、医療機関で受診することをおススメします。

しかし、それぞれの病気の特徴的な症状が出てくるまでは、診断することができない場合もあります。


精神的な疲労感

神経症やうつ病などの精神的な病気の状態も原因としてあげることができますが、過労や睡眠不足、心配事や精神的なストレスなどが重なり、軽いうつ症として感じる疲労感や、自律神経失調症の症状の一つとして疲労感を生じることもあります。

また、人それぞれの性格も影響するなどして起こるために、疲れの原因を特定することが難しいともいえます。



自律神経は、興奮に関係した交感神経とその作用を抑制するように働く副交感神経から成っており、自分の意志でコントロールすることはできません。 ですが、自律神経は、心臓の働きや血圧を調節したり、腸管運動、唾液や涙の分泌、瞳孔の調節など体の器官のきわめて重要な調節神経なのです。

自律神経は、脳の視床下部という所に司令室があり、精神的ストレスは視床下部に作用し、自律神経の司令室を混乱させることによって、自律神経失調症と呼ばれる症状を起こします。


肉体的な疲労感

肉体的な疲労というのは、体を動かすことにより、体内に起こる生理的な疲れの現象です。

ゴルフやテニスなどのスポーツをして汗を流した後の疲労感はとても心地よいと思いませんか。 しかし、立ち仕事やパソコン業務、残業の続く長時間労働などによる肉体的な疲労感は、倦怠感として不快に感じられます。

肉体的な疲労感は、スポーツの種類にもよりますが、特定の筋肉を酷使するためにあとから生じる筋肉のこりやハリ、緊張からくるものです。 しかも、スポーツの後の筋肉のこりは部分的なもので解消しやすいばかりでなく、スポーツをすることによって、脳に作用してβ-エンドルフィンという爽快感を生じる物質の合成を刺激するのです。

ですから、スポーツの後の疲労感は、心地よい疲れとなり、快感を生じるのです。



スポーツをした後の疲労感は、心地よいのに対して、仕事を終えた後の疲労感は、不快に感じられます。 仕事の疲労が重なり疲れが取れないときは、とくに朝なかなか起きれなかったり、また、起きるときに、何とも言い難い倦怠感を感じることがよくあります。

仕事に関係した疲労感は、人それぞれ差異はあれど多くが精神的な疲労感をともなったり、同じ姿勢で長時間いることが多く、好きなスポーツに比べて全身の筋肉を使う機会もなく、特定の筋肉のこりが生じやすいのです。



肉体的な疲労感は、しっかり栄養を取って、ぐっすり寝れば、翌朝には疲労回復することが多いですが、精神的な疲労感は、社会的、環境的ストレスや心理的ストレスから生じることが多いために、その解決にはなかなか難しいものがあります。

神経症やうつ病からくる病的な疲労感は、専門の医師による治療が必要になりますが、疲れが取れなく不定愁訴様の疲労感を訴え、内科を訪れる人は、自分でも何とか克服可能な軽い神経症といえます。

精神的な疲労感には、医師の診断を仰ぎ治療することで、ストレス社会を上手に乗り切ることも必要です。



一日の肉体的な疲労は、全身の筋肉のこりとしてたまりますから、お風呂に入り、そのまま床に就いたのでは、筋肉がほぐれずにそのままこりが残ることにもなります。 できれば、寝る前に軽いストレッチ体操をして身体をほぐしたほうが、翌朝驚くほど体が楽になります。



疲れとは、体が「無理がかかっていますよ」とあなたに知らせているのです。 疲れている、疲れが取れないと感じたら、病気やケガにつながる前に、あなたの生活習慣を見直すことも大切ですね。


日常生活の中で考えられる疲れの原因


不規則な生活や睡眠不足

極端に早い朝型、または極端に遅い夜型、あるいは交代勤務や昼夜逆転の生活などは、体に大きな負担となり、疲れの原因になります。 また、睡眠時間が足りなかったり、眠りの質が良くないと、疲れはなかなか取れません。


偏った食事による栄養バランスの乱れ

お弁当やお惣菜、ファーストフードなど、現代では調理しなくても簡単に食べるものが購入できますが、いつも同じようなモノばかり食べていると、栄養のバランスも崩れ、エネルギーやビタミン、ミネラルも不足していきます。

ビタミンやミネラルはエネルギーの生産に不可欠な栄養素です。 そのため、これらが不足するとエネルギーが生み出せなくなり、疲れやすくなるのです。 栄養のバランスも考えて、1日3食きっちりと食べましょう。

また、スナック菓子やインスタント食品、清涼飲料水、お酒などは、糖質が中心で、ビタミン、ミネラルはほとんど含まれておらず、この糖質を分解するためにビタミンB1がたくさん消耗されます。 なるべくこのような食品は避けたほうがいいですが、摂った場合は、ビタミンB1もとるようにしましょう。

ビタミンB1(チアミン)は、糖質からエネルギーを作り出す時に役立ち、神経の機能を正常に保つ働きがあります。


職場や家庭でのストレスの蓄積

地球環境の急激な変化や災害や地震への恐れ、先の見えない時代の過酷な状況の中での仕事や家事、育児でのストレスが蓄積し、心も体も疲れてしまうことがあります。

気持ちの問題だけでなく、肉体的にも大きな影響をもたらします。 夢中で仕事や育児をしているときは、疲れを感じなくても、一日の終わりには、ひどい疲れを感じることがあります。

栄養バランスに気を付けてゆっくり休んだり、時には楽しみの時間を作り、リフレッシュすること必要です。


激しいスポーツ、仕事によるエネルギーの消耗

最近では健康のためにとジムに通ったりする人も多いようですが、激しいスポーツや仕事で体を酷使していると、体のエネルギーをつくるのに必要な栄養素であるビタミンB1、B6、ミネラルなどが不足気味となったり、消耗して疲れを引き起こすことがあります。 ゆっくり休むとともにビタミンB1をとりましょう。


加齢による代謝の低下

若い時とは違い、加齢によって体の代謝が低下して体の中の老廃物が排出されにくくなります。 それによって、疲れや疲れやすくなってしまいます。 代謝を促進する効果が期待できる食材を積極的に摂取しましょう。


疾患による疲れ

「疲れがとれない」「風邪の治りが遅い」など普通の疲れより重く、症状が長く続くときは疲れの症状をともなうなんらかの疾患が隠れていることがあります。



また、最近では慢性疲労症候群(CFS)して病気として認定される場合もあります。 慢性疲労症候群は、1988年に米国の研究機関によって提唱された比較的新しい疾患です。

  • 激しいだるさ・原因不明の強い全身の倦怠感
  • 微熱、リンパ節腫脹、頭痛、脱力感
  • 思考力の障害、抑うつなどの精神神経症状などが起こる
  • 意欲はあっても仕事ができない

などの状態が長期にわたって続くために、満足な社会生活が送れなくなるという病態のことです。

風邪などの病気がきっかけで起こることが多くなっています。  主な症状としては、のどが痛い・憂うつ・眠れない・眠りすぎ・関節が痛む・だるい・微熱が続く・頭が痛いなどが挙げられます。


疲れやすい体質と疲れにくい体質

  • 疲れやすい酸性体質

人間の体の体質は、水素イオン濃度(pH)で表され、この濃度が6.8pHになると、酸性体質になります。

肉類や砂糖、脂肪分の多い食品(酸性食品)を多食することが原因で、酸性体質になることもあります。 酸性食品を常食すると、血液が酸化して血液がドロドロになります。そして、その血液が体の中をめぐり細胞を酸化し、酸性体質になっていきます。



酸性体質のドロドロした血液は、毛細血管で流れが悪くなり、血行不良などを引き起こし、細胞に十分な栄養や酸素を供給できなくなってしまいます。

また、老廃物の回収や、疲労物質(乳酸)の分解が充分できないために、患部に乳酸が蓄積され、血行不良などの悪循環も招いてしまいます。 さらに、酸性体質だと細胞の免疫力が低下して感染症などにもかかりやすくなります。

疲れやすい酸性体質のひとは、野菜や酢食品を積極的に食べて、体質を弱アルカリ性にしましょう!


  • 疲れにくい弱アルカリ体質

酸性体質は6.8pH前後ですが、弱アルカリ性体質はだいたい7.4pH前後で、免疫細胞が一番活発に働く健康体とされています。

弱アルカリ性体質になるためには、酢のもの、梅干し、野菜などのアルカリ性食品を摂取することが大切です。アルカリ性食品は、血液をサラサラにする効果があるので、毛細血管の血流も改善され、細胞へ栄養や酸素をより多く運び、免疫力も高まります。

また、老廃物の回収、疲労物質(乳酸)の分解ができるようになり、疲れにくい体質になります。


疲れをともなう疾患・症状

疲れが取れない原因には、いろいろありますが、疲れ(疲労)をともなう疾患や症状には、貧血、更年期障害、甲状腺機能低下症、睡眠時無呼吸症候群(SAS)、ウイルス肝炎、慢性疲労症候群(CFS)、うつ病などもあります。

あまりにもひどい疲労感を覚える場合は、医療機関で受診することをおススメします。


>>また、生活習慣病にならないためにも日頃日常生活でできる疲労解消法を参考にしてください。




powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional