科学的にも証明されたにんにく成分と栄養素が疲労回復、アンチエイジング効果を高めます。

疲労回復法

疲労回復法


疲労回復するためには


生活習慣を見直し改善努力する

疲れがたまる一番の原因は、日々の生活習慣です。 睡眠不足や栄養バランスの乱れなど、自分の生活習慣を見直して、改善しましょう。 朝起きたらカーテンを開けて光を浴びたり、体全体を伸ばしてみるとか、夜お風呂に入ってから軽いストレッチをしてみるとか、寝る前に深呼吸を数回繰り返すとか、生活リズムをリセットできる簡単なことから始めてみましょう。


市販の薬・サプリメントを摂取する

体の疲れを感じたときの栄養補給として、ビタミン剤や栄養補給剤、疲労回復サプリメントなど、さまざまなものが活用できます。 ビタミンB1誘導体、ビタミンB6、B12などの成分が疲労回復に効果をあらわします。


病院で診察を受ける

疲労回復サプリメントを摂取しても疲れが取れないとか、疲れが2週間以上取れなかったり、寝ても取れない疲れや、気分の落ち込み、発熱などの症状があらわれた場合は、疾患が隠れている場合もありますので、専門の医療機関で診察を受けましょう。


日常生活でできる疲労解消法


十分な睡眠と休息をとる

疲れを感じたら、まずは、無理せずにゆっくりと休むことが大切です。 疲れている時は、クエン酸やアミノ酸が豊富に含まれている食べ物を摂取して、早めにお風呂に入って就寝することが大切です。

睡眠時間があまりとれないときも、質の良い睡眠がとれるよう、軽いストレッチをしたり、音楽などを聞いてリラックスしたり、自分にあった寝具や枕を選ぶなど、工夫しましょう。 また、寝る前のコーヒーなど、カフェイン入りの飲み物は控えたほうがいいですね。


湯船にゆったりとつかる

入浴をシャワーだけですませないで、湯船にゆったりとつかることで心も体もリラックスします。 その際、湯船の中にハーブやアロマテラピーの精油など、お好みで入れると疲れた心と身体を癒してくれます。

あまり長湯をすると、逆に湯疲れしてしまう場合があるので注意が必要です。


ストレスに注意! 気分転換をする

適度な運動は、筋肉をほぐしたり血行を良くしたりする他、ストレスの解消にも繋がります。 忙しかった1日の終わりに、軽いストレッチで疲れた体をゆっくりほぐしましょう。


バランスのとれた食事をとる

体を元気に保つには、五大栄養素である「糖質・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル」と、食物繊維をバランス良く摂取することが大切です。玄米、豚肉、レバー、まぐろ、にんにく、納豆、ナッツ類、果物、野菜などの食材をバランスよく摂取するようにしましょう。

ただし、寝る前や夜遅くに食べることはよくありません。 食べてすぐ寝ると、脳や体は寝ていても、自律神経が動いている胃腸は働き、膵臓はインスリンを分泌して、肝臓は栄養の合成と分解を繰り返し、内臓器官は休めない状態が続いてしまいます。

また、寝る前に食べると肥満になりやすくなります。 どうしても遅い夜食となった場合は、あまり消化の良くないものは避けたほうがいいですね。


ビタミンB1、クエン酸を摂取する

体が疲れている時には、酸っぱい物(酢、梅干し、レモンなどのかんきつ類)、酵素、ビタミンB1を含む食品を食べると良いといわれています。 クエン酸には、「クエン酸サイクル」と呼ばれる代謝回路を円滑にして乳酸の分解を促し、疲労回復に役立つ働きがあります。

例えば、黒酢などにはクエン酸やアミノ酸が豊富に含まれているので、血液がサラサラになり、疲労物質(乳酸)の分解が早いことも分かっています。 

疲れて食欲がない時は、アミノ酸飲料や酢の物などを少しでも摂取すると、血行が改善されて、疲労物質の排出をし、疲れの回復が早まります。



ビタミンB1は、砂糖やでんぷんなどの糖質を分解してエネルギーに変え、糖質代謝の酵素の働きを助けます。 糖質を摂ってもビタミンB1がないと分解はできません。 そのためエネルギー代謝が低下し、疲労物質である乳酸がたまってしまいます。

一番わかりやすいたとえで言うと、「夏バテ」です。 夏バテは、ビタミンB1の不足から起きる代表例といえます。

野菜や果物に多く含まれている酵素は、ビタミンやミネラルなどと一緒に働き、糖質・脂質・たんぱく質の代謝に関係しています。 体内では、胃腸の働きを活発にして、生体バランスをとる働きがあり、免疫力を高めて疲れを緩和します。



疲労物質がたまると肉体疲労だけでなく、脳の延髄が刺激されてイライラし、疲労感が強くなるし、肩こりや腰痛の原因にもなります。 このような状態だと血液は酸性に傾きやすく、血行が悪くなり、血液が全身に十分な酸素や栄養素を運ぶことができなくなってしまうのです。



ビタミンB1を多く含む主な食材は、豚肉、うなぎ、玄米、発芽精米、小麦粉、そば粉、大豆、ナッツ類、ゴマ、茎にんにく、アスパラ、枝豆など。

にんにく、玉ねぎなどに含まれる成分アリシンは、ビタミンB1の体内への吸収を高めるのでこれらの食材と一緒に取るのが効率的です。


血液をサラサラにする

疲労回復のためにスタミナがある肉を食べても、なかかな疲れが取れなかった、という経験はありませんか?

これは原因となる疲労物質(乳酸)が、体内で上手く分解処理されず、組織に蓄積しているからです。乳酸の分解処理を促進させるためには、クエン酸回路の働きを活発にして、疲労物質(乳酸)の分解処理を促進させることが大切です。



クエン酸回路を活発にするためには、クエン酸などの有機酸が含まれている食べ物を摂取して、血液サラサラにさせることから始めます。 血液がサラサラになると、全身に張り巡らされている極細の毛細血管に血液がスムーズに流れて、組織に蓄積された乳酸を分解処理できるようになります。

どんなにスタミナ料理を食べても、脂肪分の多い肉などを食べると、かえって血液をドロドロにしてしまい、クエン酸回路が上手く機能しないのです。



また、血液がサラサラになれば、血流が改善されて、血行不良の肩こりなども改善できます。お風呂に入ると肩こりなどの症状が緩和されるのは、体が暖められた結果、血管が弛緩されて全身の血行が良くなったからです。血液がサラサラになると、入浴したように血流が改善されます。 その結果として、疲労回復が早まるのです。




powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional