科学的にも証明されたにんにく成分と栄養素が疲労回復、アンチエイジング効果を高めます。

症状別効果・効能

症状別効果・効能


古代エジプトのピラミッド建設に従事した人たちは、忍耐力と筋力増強のために毎日にんにくを食べました。 聖書の時代からにんにくは種々の病気の治療に使われてきました。

  • 免疫系を刺激する
  • 抗酸化物質として作用する
  • 血清コレステロールを下げる
  • 消化を助ける
  • 血管壁を拡張することにより血圧を下げる
  • 血小板凝集を阻害することにより血液をサラサラにして、血液凝固と心臓発作の危険性を減少させる

実際、にんにくは天然の抗菌薬とみなされています。 にんにくは、摂取された際に、アリシンと呼ばれる酵素を放出するアリイン・アミノ酸誘導体を含有します。 アリシンは23種の細菌、6種の真菌、病原酵母、サルモネラ菌を殺菌する効能があります。この酵素は、ペニシリンと同等の抗菌効果を持つという研究者もいます。


また、にんにくはある種のがん、特に胃がん、大腸がんに対する防御作用を持ち、にんにくの化合物ががん細胞の生育を抑制すると報告されています。 さらに、にんにくは多くの抗酸化作用をもち、ビタミンC、E、Aのように酸化LDLコレステロールからのフリーラジカルを阻止します。


このため、にんにくは、粥状動脈硬化によって傷ついた動脈の修復を助け、ほかの心臓病に対しても防御効果を持ちます。 研究によれば、にんにく1片半ほどを毎日食べることで、9%もコレステロール値を減少させることが示されています。


しかし、生にんにくは強力であの刺激臭は、誰でも好むわけではありません。 その場合は、無臭にんにくサプリメントを摂取することが可能です。

にんにくの成分と栄養を取り入れる最善の方法は、食事であり、お料理に使用することです。 にんにくレシピを参考にしてください。




風邪



「風邪は万病の元」と申しまして、あらゆる疾患の初期症状は「風邪」として片づけられることも多く見られます。 このため数日で軽快しない場合は、「あらゆる疾患」が鑑別にあがります。


例えば、急性喉頭蓋炎、咽頭周囲膿瘍・咽頭後壁膿瘍、髄膜炎、心筋炎、
レミエール症候群(感染性頸静脈炎)、慢性骨髄性白血病急性転化など、
急速に増悪し、なかには治療が間に合わないこともあります。

また、風邪症状の経過が長い場合も、マイコプラズマ感染症、クラミジア感染症、肺結核、百日咳、菊池病、気管支喘息、心不全から心臓喘息、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 (ABPA)などの正しい診断に至るまでにかなりの時間がかかることもあります。


あらゆるウイルス、マイコプラズマ、クラミジア、細菌が風邪の原因となり、その数は200種類以上ともいわれており、風邪となる病原は非常に多く存在するため、数百種類の型が存在するワクチンを作ることは事実上不可能であり、どのウイルス、あるいは、細菌が原因なのか診断するのも大変困難です。


ですから「風邪の特効薬を発見するとノーベル賞がもらえる」と言われるのでしょう。


風邪といえども、軽んじることなく、侮ることなかれです。

風邪はこじらせると気管支炎や肺炎を引き起こしますので、決して軽視できない病気です。


にんにくの有効成分スルフィド類、あるいは、にんにくを長期熟成してできるSAC(S-アリルシステイン)という成分を摂取すると、ウイルスを退治する身体の機能を助けるように免疫作用を増強し、糖と脂質を燃焼して体熱の産生を増やします。

また、にんにくは血液の循環をよくして患部への血球や栄養素の供給を円滑にします。 これらの作用によって炎症性の因子の除去が促され、風邪の症状が和らいで早期に回復するのです。



さらににんにくの重要な機能として、

  • にんにくがつくり出すスルフィドであるMATS(メチルアリルトリスルフィド)
  • DATS(ジアリルトリスルフィド)

による作用があります。


風邪をひくと最初に「ゾクッ」とする寒気を感じると思いますが、これはすでに体が炎症を感知して、PG(プロスタグランジン)という生理活性物質を作り出し、体温調節中枢のセットポイントを押し上げた瞬間なのです。


にんにくを摂取することにより、メチルアリルトリスルフィドやジアリルトリスルフィドが働いてプロスタグランジンの供給を断てば、セットポイントが下がって、中枢が血液の温度が高いと判断し、発汗してきます。
にんにくは、免疫や代謝の面からもこれらを支え、風邪症状を治すのにとても有用な食材なのです。


アリシン含有のにんにくサプリメントを毎日摂取している人は、風邪にかかりにくく、さらに、にんにくサプリメントを摂取しているにも関わらず風邪にかかった人でも、回復がより早い傾向にあり、再感染は少なかったことが示されています。 (Adv Ther.2001:18:189-193)



気管支喘息



気管支喘息は、空気の通り道である気管支が炎症を起こし、収縮するために気道が狭くなり、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」という苦しそうな呼吸を伴う症状です。


炎症の原因はいろいろありますが、大部分はアレルギー反応によって起こります。 このアレルギー反応を引き起こすアレルゲンにもいろいろな種類があり、家ダニ、カビ類などが主な原因で、ストレス、疲労、喫煙、刺激性食品の摂り過ぎなども誘因となるようです。


現在、喘息の治療には、気管支の炎症を抑える薬・ステロイド剤と気管支を拡張させる薬・交感神経刺激物質が使われます。


にんにくは、含硫アミノ酸の形で摂っても、硫化アリル化合物にしてから摂っても、交感神経を刺激することがわかっています。

にんにくには痰を取り除く作用と気管支拡張作用によって、気管支喘息を軽減するものと考えられており、疲労回復や滋養作用もあるので常食するうちに体力がつき、体質改善の効果も期待できます。


以外と思われるかもしれませんが、植物=芳香療法においても、にんにく油は気道に対して親和性があるために、気管支カタル、咽頭炎、慢性気管支炎などを治すのに用いられてきました。



脚気



脚気(かっけ)とは、ビタミンB1欠乏症のひとつで、両足がだるく、足がむくんでくる症状です。 一昔前は、脚気になる人も多く、よく米ぬかをフライパンで煎って、そのまま食べたものです。


ビタミンB1欠乏症になると、末梢神経や中枢神経の異常をきたし、重症になると心不全で死亡してしまう場合もあります。

ビタミンB1は、比較的安定したビタミンですが、水に溶けやすいので体内での吸収が悪く失われやすいビタミンです。 玄米、豚肉、しいたけ、豆などに多く含まれますが、一度にそれらを食べても1回に10㎎程度吸収するだけで、あとは尿から排泄されてしまいますので、毎日こまめに摂取する必要があります。


にんにくの有効成分アリシンは、ビタミンB1と結びついて、アリチアミンという物質を形成し、水に溶けにくく、油に溶けやすいビタミンB1の化合物アリチアミンとなって吸収を高めてくれる働きがあります。

このアリチアミンというにんにくの成分とビタミンB1との結合物は、体に吸収されてから互いに離れて、ビタミンB1となって働くのです。

足がだるくて、むくんでくる場合はビタミンB1欠病症も疑われますから、にんにくを少量とり続けるとよいでしょう。



冷え・冷え性



多くの女性を悩ます冷え性は、病気そのものではないのですが、冷え性のままで健康にまったく問題がないとは言えないのです。 体温が低いことで、免疫力が下がったり、代謝が悪くなったり、血液の流れが悪くなったりと、他の病気の原因となりうる様々な悪影響が出てきます。


冷え性は、薄着や冷房による体の冷え、手足が常に冷たい、人よりも寒がり、また、体質に加えて無理なダイエットによる偏食・拒食などさまざまな要因が考えられます。


冷え性の人は血液のめぐりが悪くなっているので、どちらかというと血色が悪く、毛細血管が縮んでしまっていることが多いです。 このため、冷え性の女性の中には、肩こり、腰痛、むくみ・月経痛・月経不順・不妊といったトラブルを抱えている人が多く見受けられ、からだの中から温めることが一番重要です。


にんにくには、心拍数や血圧を上げるなどの全身の活動力を高める交感神経を刺激してノルアドレナリンの分泌を盛んにし、元気感をもたらすという作用があります。


交感神経が興奮すると通常は血管が収縮しますが、にんにくの場合は、末梢の血管を拡張させるという作用があるため、血液を送り出す心臓の力が全身に及び、手や足の先から首まで温めることになり、冷え性からくる頭痛や肩こりなどが改善されます。


にんにくオイルにすると、さらに代謝を促進する効果が期待できます。
にんにくオイルの作り方は、にんにくレシピを参考にしてください。


冷え性は、体質や肥満、加齢などによっても表れてくるので、それをにんにくで改善するためには食事の中に取り入れたり、にんにくサプリメントなどで継続的に補う必要があります。



高血圧



高血圧になったら自覚症状があればよいのですが、ほとんど高血圧特有の自覚症状はないのです。 ですから定期的に血圧を測っていないと、高血圧を発見することは難しいです。


1年に1,2回は健康診断を受けることをおススメします。
また、せっかく定期健診で早いうちに発見できて、「血圧が高いから、精密検査を受けるように」といわれても、自覚症状がないからと放置する人が多くいます。 放置すると、血管が硬くなる動脈硬化になったり、のちに狭心症や心筋梗塞や脳卒中などの発作を起こすおそれがあり、命にかかわる病気です。


日本人には高血圧の人がとても多く、約781万人もの人が治療を受けているそうです。 ですからかえって、あまり危険な状態だという意識はないかもしれないけど、症状がほとんどないままに、長年かかってひそかに血管を蝕んでいくため「サイレント・キラー」とも呼ばれるおそろしい病気なんです。


心臓が収縮して血液を送り出す時の圧力を最高血圧、心臓が拡張して血液が心臓内に充満する時の圧力を最低血圧といい、一般的に健康である成人の正常値は、最高血圧140以下、最低血圧90以下です。

どちらかが正常値を超えて異常を示した場合が高血圧といわれます。


にんにくの有効成分である硫黄化合物には、血液の流れをよくして、血圧を下げる効果があります。 血小板の粘着力を弱めることが血液の流動性を高め、動脈の血管壁を広げることが血圧を下げることに関係しています。


にんにくの血中コレステロール値を下げる効果とあわせて、血管の中を血液が通りやすくなり、生活習慣病の予防にもつながります。



肝機能障害


肝臓は沈黙の臓器といわれ、自覚症状がないことが多いですが、進行すると全身倦怠感・食欲不振・黄疸などの症状が現れます。 肝臓は、腸から送られてくる食物成分の分別処理にあたり、毒物があればこれを無毒化します。 そして、排泄しやすい形にして、速やかに尿中へと捨てられるようにします。


さらに、アミノ酸を糖に変化させてエネルギーを取り出すためにアンモニアを尿素に作り変えて捨てるなど、さまざまな機能を発揮する体内最大の臓器です。 肝機能障害をそのまま放置すると、肝炎・肝硬変・肝臓がんなどに進行する恐れがあります。


肝機能の障害や衰えを防ぎ、保護しながら強化するためにも、にんにくは有益で、にんにく成分のDATS(ジアリルトリスルフィド)は、肝臓を刺激して、肝臓が毒物を無毒化して排泄する機能を活発にしてくれます。



糖尿病



糖尿病の症状は、はじめのうち何の自覚症状がないので、検査で血糖値が高かったり、治療が必要といわれたことがあっても、そのまま治療を受けない人がたいへん多いようです。 糖尿病は、大人だけでなく、子供にも増えており、飽食と運動不足が引き金となって発病する生活習慣病です。


糖尿病は、すい臓の機能不調で、摂取した糖質の量に対するインスリンというホルモンの不足によって、血中糖度が高血糖を引き起こす1型糖尿病と、インスリンは十分あるのに効きの悪い2型糖尿病があります。


生活習慣や老化に伴って起きてくる糖尿病はこの2型糖尿病で、悪化すると(インスリン抵抗性が高くなると)、栄養をとっても吸収されず、身体が痩せて衰弱してしまいます。 さらに重症になると、腎臓病、神経障害、動脈硬化、脳梗塞など、さまざまな合併症を引き起こす可能性があります。


糖尿病の改善には、栄養バランスを考え、必要なだけのカロリーを摂取し、適度な運動を欠かさず行うことが重要です。


にんにくには、糖の消費(燃焼)を盛んにして、血糖値の上昇を防ぐ作用がありますので、食事にうまく取り入れて、血糖値をできるだけ低く抑えるようにしましょう。 また、にんにくの成分が、大切なインスリンの減少を防ぐ作用を示すことも確認されています。



がん(癌、ガン)



ガン細胞は身体から栄養を得て増殖し続ける悪性新生物であり、現在、日本人の死因のトップはガンで、亡くなられる方の約半数がガンによるところとなっています。 禁煙や食生活の工夫、ストレスのケア、睡眠環境に注意することなど、ガンにならないように日ごろから予防することが大切です。


その中でにんにくは、「ガンになる危険性を少なくする効果がある最も重要な食物」として世界中で注目されています。


にんにくの摂取量とガンの発生頻度を疫学的に調べると、にんにくをたくさん食べている人たちの方が、食べていない人たちに比べてガンが少ないということがわかっています。


アメリカ政府が90年代初頭から進めている、ガンに予防効果のある食品を探し、さらに有効な食品を作り出そうという国家プロジェクト「デザイナーフーズ計画」では、127種類の野菜のうち、にんにくが「ガンになる危険性を少なくする効果がある最も重要な食物」であると証明され、一躍脚光を浴びました。

にんにくに含まれるDATS(ジアリルトリスルフィド)は、ガン細胞の増殖を抑え、寿命のある正常な細胞に戻して、ガン細胞を消滅させることがわかりました。 通常、ガンの治療は化学薬品を使ってガン細胞を「自殺」に追い込みますが、強力な薬を使うため副作用が大きな問題となっています。


にんにく成分DATSを併用することで抗ガン剤の投与量を減らし、副作用を軽減する実験も進んでいます。 (アメリカ国立ガン研究所「デザイナーフーズ」より)



脳梗塞・心筋梗塞



転んでケガをしたり、切り傷を作ったときなどに、しばらくすると血が固まり、かさぶたができると思います。 血が流れ出るのを防いでくれる止血作用があり、なんともくすしく人間の体はつくられています。


それと同じように、血管の内側にできると血栓といい、それが大きな血栓になると、血液の流れを妨害して酸素の供給ができなくなり、血管が一時的に詰まり、その先の細胞に栄養を供給できなくなり細胞が死滅します。


特に、動脈硬化が進行すると、血管が狭くなり血管の内壁に傷ができやすくなって血液を完全に止めてしまうような大きな血栓になってしまいます。


昔は、高血圧の治療がよくできなくてひどい高血圧の人が多く、栄養が不良で血管が弱くて破れやすかったため脳出血する人が多かったのですが、
現代では、脂質異常症や糖尿病などが増えたために、血管が詰まる梗塞が起こりやすいです。


このような血栓が、脳の血管内、脳動脈にできると「脳梗塞」、心臓を
取り巻く冠動脈にできると「心筋梗塞」という恐ろしい病気を引き起こします。


こうした病気の予防には、血液の中にあって血栓をつくる小さな粒子・血小板の凝集機能を阻止することが重要となります。 血管に傷がつくと、血小板が傷口を覆うようにはり付きます。 その血小板の中ではアラドキン酸が代謝されて、血小板を凝集させる物質トロンボキサンA2が発生します。


さらに多くの血小板を凝集させるようになりますが、にんにく中のMATS(メチルアリルトリスルフィド)があるとこれが発生しません。 血栓の発生を防ぐと同時に、小さな血栓で傷を修復して血管が詰まるのを防いでくれるのです。

それぞれタイプによって原因が違います。(厚生労働省)

  • 脳梗塞

脳を養う血管が詰まるタイプで、3種類がある。
(1) 脳の太い血管の内側にドロドロのコレステロールの固まりができ、そこに血小板が集まって動脈をふさぐ「アテローム血栓性梗塞」、(2) 脳の細い血管に動脈硬化が起こり、詰まってしまう「ラクナ梗塞」、(3) 心臓にできた血栓が流れてきて血管をふさぐ「心原性脳塞栓症」などがある。脳卒中死亡の60%以上を占める。

  • 脳出血

脳の中の細い血管が破れて出血し、神経細胞が死んでしまうタイプ。
高血圧や、年をとって脳の血管が弱くなり、血管が破れることが原因となる場合が多い。
日中、活動しているときに、頭痛やめまい、半身マヒ、意識障害などが起こる。 脳卒中死亡の約25%。

  • くも膜下出血

脳をおおっている3層の膜(内側から、軟膜、くも膜、硬膜)のうち、くも膜と軟膜のあいだにある動脈瘤が破れ、膜と膜の間にあふれた血液が脳全体を圧迫する。動静脈奇形が出血の原因の場合もある。
突然激しい頭痛、嘔吐、けいれんなどが起こりやすく、意識がなくなり
急死することもある。 脳卒中死亡の10%強。

  • 一過性脳虚血発作

脳の血管が詰まるタイプのうち、24時間以内に回復するもの。
脳梗塞の前触れ発作ともいわれる。一時的に片方の目が見えなくなったり、ろれつがまわらない、半身がいうことをきかなくなるなどの症状が起こる。 再び血液が流れると症状もなくなる。



にんにくを1~2片食べると血小板の凝集力が2日も抑えられることがわかっていますが、くれぐれも食べ過ぎないようにしましょう。 にんにくの副作用と注意点



動脈硬化



動脈硬化は、食生活や喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣に大きく影響されます。 動物性脂肪の多い高カロリー食は、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、過酸化脂質を増加させ、血管壁に付着して血管を詰まらせたり、血管が破れたりする原因となり、脳卒中・心筋梗塞などの病気の引き金となってしまいます。


動脈硬化は加齢とともに進行するため、一種の老化現象ともいえ、急にあらわれるわけではなく、若いころから始まり、40歳を過ぎる頃に症状があらわれてくることが多いといわれています。


にんにくの有効成分は、脂肪の燃焼による脂肪低下のほか、コレステロールの合成を抑える効果があり、脳卒中・心筋梗塞の予防にたいへん有益です。

にんにくは、中性脂肪、LDL(悪玉)コレステロールなどの血中脂肪をさげ、HDL(善玉)コレステロール値をあげることによる、心臓発作の低減効果について発表されています。

最近の研究では、にんにくの心血管系に及ぼす有用性について、心臓の動脈壁に直接作用するものと細胞レベルで間接的に防御作用を及ぼすものの両方からもたらされるとしました。

にんにくは心臓病に対して二十の防護作用があるといえ、平滑筋細胞の増殖を抑え、血管反応性を市場化し、運動体制を改善することが示されています。 (Indian J Physiol Pharmacol.2005;49:115-118)



にんにくはアミノ酸、種々のビタミン類や微量成分、フラボノイド類、酵素など少なくても200種類の化合物を含むといわれています。 これからもまだまだ有用性が研究者からもたらされることが期待できます。




成分と栄養素
強壮作用
美肌とアンチエイジング
健康・予防
にんにくの副作用と注意点
植物=芳香療法



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional