科学的にも証明されたにんにく成分と栄養素が疲労回復、アンチエイジング効果を高めます。

美肌とアンチエイジング

美肌とアンチエイジング



ダイエット



にんにくを食べると食欲が増して食べ過ぎてしまうのではないかと心配してしまいそうですが、にんにくは、交感神経という元気になる神経を刺激してアドレナリンの分泌を促進するために、新陳代謝を活発にするとともに、脂肪の燃焼を促す作用があります。

エネルギーをためこむことなく、熱として放散することは、数あるにんにくの効果の中でも、もっとも顕著な特長です。 にんにくオイルを常用すれば、余分な体脂肪を燃やして身体を引き締めるダイエット効果が期待できます。

しかし、にんにくを食べるときは、タンパク質も一緒にとって胃や腸を刺激から守り、決して食べ過ぎてはいけません。特に生にんにくを食べすぎると激しい下痢を起こしますから気を付けてください。 ダエイットだけが目的の場合は、体質、体型別にほかにもっと有益なやり方があります。



肌荒れ・老化肌



人間の皮膚は、表皮と真皮で約0.5㎜ほどの厚さしかなく、真皮にはコラーゲンが張りめぐらされ、弾力を保ち、表皮は外からの異物や刺激から体を守ってくれています。

表皮細胞は約28日かけて角質細胞になり、最後には垢として剥がれ落ちるというターンオーバーを繰り返します。 ターンオーバーは20歳ころには28日だったものが、40代にもなると、40日ほどかかるようになり、シミが消えにくくなったり、角質層が厚くなって肌がくすんだりします。 また、年齢とともに優れた保湿効果を持つセラミドも減少し、肌は水分を失い、くすみ、ごわつき、肌荒れなどが現れやすくなります。



さらに、線維芽細胞でつくられるコラーゲンも古くなると分解され、特に40代以降になるとコラーゲンの生産量が大きく減少します。 紫外線や糖化の影響でコラーゲンが変性することもシワやたるみの原因となります。

アンチエイジング医学の進歩により、紫外線や身体の中の酸化(錆びること)が、この減少速度に関係することがわかり、酸化を防ぐビタミンCやビタミンE、抗酸化成分を含む緑黄色野菜をとると、減少を食い止められ、皮膚を守るためによいとされています。



にんにくの効果は、動物を使った実験で皮膚の傷を治す力があることが近年発表されましたが、実は、植物=芳香療法、つまり、アロマテラピーにおいては、古くから、このにんにくには瘢痕形成作用や殺菌作用が高いことからニキビや皮膚障害に処方されていました。 しかし、直接、にんにく精油を肌につけるのではなく、食べた場合は、にんにくの成分と栄養素により、血液循環が良くなり細胞の隅々へ酸素と栄養を供給することで、ターンオーバーもスムーズに促すことができ、血色もよく肌のすべすべ感を実感するのでしょう。



老化防止



にんにくの強壮作用は、体全体を強化し、主に細胞の生産に影響する甲状腺の活動を規則的にする作用によって老化の過程を遅らせ、リンパ系の働きを活発化して、解毒を促進することが知られています。

にんにくを食べていることにより、解毒能力が高められ、酸化ストレスを軽減したり、回避したりすることになると考えられています。 何より今が調子いいといえるほど、元気でいられるのですから、疲れ切った同年代の人よりは老化を遅らせることができます。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional