科学的にも証明されたにんにく成分と栄養素が疲労回復、アンチエイジング効果を高めます。

黒にんにくとは

黒にんにく

発酵黒にんにく酢卵黄




食品を発酵させるメリット



日本の伝統食に多くみられる発酵食品身体に良いということが医学的にも明らかになり注目を集めています。 主に免疫力を高め、腸内細菌のバランスを整えるなどの作用、がんの予防や老化防止などの効能が数多く報告されています。



発酵とは、食品に付着した酵母菌、細菌類などの微生物が食品を分解し、その過程で生まれた酵素などの働きによって元の食材にはない新たな成分が作られたり、もともとある成分が変化したりすることです。

特に日本には、昔から発酵食品を摂りいれる食文化が根付いています。 大豆を発酵させた味噌や醤油は料理に欠かせない調味料ですし、鰹節や漬物、納豆などは日本食を代表する食材となっています。

食品を発酵させると

  • 栄養価が高まる
    ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌のプロバイオティクスは腸内細菌のバランスを整えて体内の防御機能を高める効果がよく知られていますし、納豆には血栓予防効果が期待できるナットウキナーゼのほか、血圧を正常化するという酵素も豊富に含まれています。
  • 風味や香りがよくなる
    味噌やチーズ、鰹節などはその独特の風味と香りが最大の魅力ともいえるのではないでしょうか。
  • 保存性が高まる
    湿度の高い我が国においては、食品の腐敗を防ぐ手段として発酵技術が進化したともいえます。
  • 抗酸化作用が強くなる
    食品中に含まれる抗酸化物質は、生の状態では細胞内に強く結合しているため、十分な働きができませんが、発酵過程などで種々の酵素が働くことにより、この結合がとれて効率よく抽出され、非常に強い抗酸化作用を持つようになります。



また、海外でも味噌や納豆などの発酵食品の効能が注目され、日本食ブームとなって多くの人々を魅了しています。

発酵食品は、いろんな種類のものを少しずつでも毎日食べ続けるのが、効果的であるとされているため、普段の食事に是非取り入れたいものです。


発酵黒にんにくの魅力



そんな中このにんにくも独自の発酵技術で通常の白いにんにくではなく、黒いにんにくなるものが知られるようになりました。

発酵黒にんにくとは、白いにんにくを高温・高湿という環境のもとで、約1か月間熟成させてつくられたものです。 長時間熟成されることでにんにくは添加物を一切使用しないで自己発酵して、黒くなるのです。

通常の生にんにくは特有のにおいや胃腸への刺激作用で、あまり多く食べることは避けたほうが良いのですが、発酵黒にんにくは熟成・発酵されていますので、糖度が増して、まるでドライフルーツのような食感です。



その上、抗酸化力も通常のにんにくより約10倍も高まり、がん予防効果のある「S-アリルシステイン」、「ポリフェノール」、「アミノ酸」などの成分も数倍から数十倍にまで増加することも確認されています。

他にも、タンパク質や糖質、ビタミンやミネラルなどをはじめ、含硫アミノ酸の「シクロアリイン」、強力な殺菌力があり、元気の源になる「アリシン」、滋養強壮剤成分の「スコルニジン」など、多くの有効成分が含まれています。

発酵黒にんにくは、白にんにくよりもパワーアップした発酵食品です。


発酵黒にんにくの働き・抗酸化パワー



私たち人間を含むほとんどの生物は、酸素を使って身体の中で栄養分を分解し、エネルギーを保っており、酸素は人間にとって必要不可欠なものですが、呼吸により、体内に取り入れられた酸素はエネルギーを作り出す代謝の過程で不安定な状態になり、そのうちの約2%が、体内で毒となってしまうのです。

それが、老化や病気を引き起こす最大の要因である活性酸素です。

活性酸素は細胞レベルで障害を起こし、病気発生の90%以上に関与しているといわれているのです。



老化やがんなどの生活習慣病は、身体が活性酸素との戦いに敗れた結果です。 活性酸素が、老化によるシミ、しわ、白内障、関節炎などやがん、動脈硬化、糖尿病、肝機能障害、アレルギー、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の原因となるのです。

ですから、活性酸素を除去することにより、様々な病気の予防・改善が可能になるということです。

人間の身体の中にはもともと活性酸素を取り除く抗酸化能力がありますが、40代を過ぎるとその能力は衰え、体の中にどんどん活性酸素が蓄積されてしまいます。 これらの原因を取り除くとともに抗酸化物質を摂取することが、アンチエイジング(抗加齢)やがんなどの生活習慣病の予防につながるのです。



発酵黒にんにくは長時間熟成させることにより、強力な抗酸化作用と抗がん作用がある「S-アリルしステイン」が約4倍に、また、動脈硬化などに効果があるとされるポリフェノール、「シクロアリイン」なども数倍から数十倍に増加することが日本食品分析センターで明らかにされました。

ポリフェノールには抗酸化作用があるので、「S-アリルシステイン」との相乗効果で発酵黒にんにくは通常のにんにくの約10倍の抗酸化力があるといわれているのです。 その強力な抗酸化作用は、美容と健康にも役立つことが注目されています。


発酵黒にんにくで血液サラサラ



身体の中を流れる血液は細胞すべてに酸素や栄養を送り届け、老廃物や二酸化炭素を回収するという大切な役割を果たしてくれます。 そのためにサラサラとした血液が全身をスムーズに流れていることが重要となります。

逆に血液がドロドロだと流れが悪くなり、様々な支障をきたすことになり、末端組織の酸素不足や栄養失調となり、免疫力の低下にもつながり、高血圧や動脈硬化、がんの発生、冷え性などにもつながってしまいます。



発酵黒にんにくは、

  • コレステロール低下作用
  • LDLの酸化防止作用
  • 血圧低下作用
  • 血小板凝集抑制作用

が、認められています。

血栓の除去を促す作用や血行を良くする作用、血管を拡張し血液の流動性を高める作用によって血液循環をよくし、血液をサラサラにするとによって、動脈硬化や高血圧、がんを予防してくれます。 さらに代謝を亢進して体熱産生を高めて冷えも改善してくれるのです。


発酵黒にんにくでアンチエイジング



多くの人々がいつまでも若く美しく元気でいたいと願っているのではないでしょうか。 アンチエイジング医学の進歩により、今や120歳までも不可能ではないであろうといわれ、現在の高齢化社会において、できるだけ老化を遅らせ、美と若さを保つ方法が発信されています。

バランスのとれた食事からの栄養や禁煙、適度な運動などが大切ですが、免疫力、抗酸化力、代謝の3つを高めることがアンチエイジングに直結するのです。

  • 代謝
    歳をとると新陳代謝が低下して太りやすくなり、老廃物を排出する力も低下するため、体の中に老廃物が蓄積されやすくなります。
  • 免疫力
    免疫力が低下すると、風邪や肺炎などの感染症にかかりやすく、治りにくくなり、がん細胞を攻撃する力も低下するため、がんになりやすくなってしまいます。
  • 抗酸化力
    身体の中で起こる酸化は、老化に関連するほとんどの病態に深くかかわっており、皮膚のシミ、しわなども酸化のプロセスを経て起こる変化であり、紫外線が活性酸素を産生させることでそのスピードも加速してしまいます。 動脈硬化、糖尿病、がん、アルツハイマー、パーキンソン病、喘息などにおいても参加が病気の引き金となっています。


免疫力を低下させる2大要素



私たちの身体は本当にくすしく創られており、皮膚や粘膜などのバリアに守られていますが、もしそのバリアが破られても、免疫力が身体を防衛して、体内でがん細胞などの敵が発生しても、早期に発見し免疫力がその増殖を抑えてくれています。

私たちの知らないところでこのように体を守ってくれる機能が備わっているのです。 何とも驚嘆すべき働きで感謝の念で満ち溢れます。

しかし、免疫力には個人差があり、体質や生活習慣によっても大きく左右されてしまいます。



免疫力を低下させる2大要素には

  • 自律神経の機能低下
  • 白血球そのものの機能低下

がかかわります。



栄養のバランスの偏り、低体温、血行不良、病気、低栄養素、精神的なストレス、肉体労働、運動不足などが免疫力を低下させてしまう要素になります。

この免疫力の差が、健康状態の差ともなり、準用の差になるといっても過言ではないでしょう。 発酵黒にんにくには、免疫力を高めてくれる効果があるので、様々な病気に有効です。

免疫力を高めることが、健康を維持する秘訣といえます。


発酵黒にんにくの作用



栄養素の宝庫ともいえるにんにくは、もともと白にんにくの段階でも有効な成分を多く含んでいます。 それをさらに熟成・発酵させることで、もともとにんにくの持つ成分が有効パワーアップされるのです。

発酵黒にんにくに含まれる多くの有効な成分が、活性酸素を除去し、免疫力を高めることで、がんの発症や転移を抑える、血中コレステロールや血圧、血糖の上昇の抑制、抗菌、抗ウィルス、抗アレルギーなどの薬理作用がたくさん報告されています。



今後も多くの発表や報告がなされるものと思われますので、追記してまいりたいと存じます。




powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional